ドローンビジネスが過熱している

日本ではドローンといえば、何かお騒がせなおもちゃのようなイメージがあるかも知れないですが、アメリカでは既に、このドローンを使ったビジネスが争いが早くも過熱しているようですね。

アマゾンやグーグルなどいわゆるIT系の企業がドローンビジネスに非常に大きな関心を抱いているみたいです。

もちろん、IT系のビジネス以外にも航空関係の会社などもドローンを使ったビジネスモデルの構築を模索しているとか。

しかし、ここですごく重要な事が壁になっているのですが、空をたくさんのドローンが飛び交うことになった場合、そこにルールがなければ無法地帯と化してしまう事が誰が見ても明らかです。

ですが、このルール作りまだまだ難航しているというのが今の状態のようですね。