いよいよ好景気に突入か?

企業の人材採用が活発化してきているようですが、これは別の視点から見れば、いよいよ攻めの体制に入った企業が増えてきている状態だと考えられます。

つまり、企業が感じている景気としてはいよいよ上向いているのではないか?と思っているのだと思うんですね。

さて、こうした動きを受けて、就活市場というのは、完全に売り手市場になってくる事が考えられます。

高齢化で、労働力が少なくなってきているなかで、より売上を増やすために少ない労働力を取り合う形になりそうだからです。

大規模でない、まだ中堅企業などは知名度が低いハンデを克服するために、人を集めようと様々なアイディアで若い労働力を獲得しようとしています。

そろそろ日本経済も好景気に突入するのではないでしょうか?