住宅ローンの借り換えにはかなり諸費用の要素が重要ですね。

初めて住宅ローンを組むことになったときに、手数料とかの関係費用がものすごくかかってしまってびっくりしてしまった、なんていう経験をしたことがある人ってきっと多いと思うのですが、実はこれは借り換えについても全くあてはまる話になるんですよね。

最近では、住宅ローンは長い返済期間の借金であるがゆえに途中でメンテナンスという意味も込めて借り換えを検討する人もだいぶ増えてきたみたいですが、こうした諸費用についてはまだまだ理解が浸透していない部分が多々あるというのも事実だと思います。

以前だと住宅ローンの借り換えを比較検討するときは、金利だけをみていればよかった、というのは一理ありだなとも思えるのですが、今後は住宅ローンという商品もその特徴や機能が多様化しているので一概にそれだけで決めることはできなくなってきています。

たとえば、以前であれば当然のように費用として必要だった保証料もネット銀行を中心に不要とする銀行がでてきました。

この保証料とは、銀行からすれば、貸し倒れになった場合のリスクを回避するために住宅ローン借入者から保証会社に支払われるものですが、これがなくても住宅ローンを組むことができる銀行が出始めたんですね。

銀行側からすれば、これは思い切った施策だということができると思います。リスクをとるという意味で。もちろん、それだけ審査は厳しくもなるでしょうが、それだけほかの銀行とは差別化することに成功しているといえます。

そして、この保証料は特にそうなのですが、諸費用の大半を占める存在なんですね。実は。

諸費用に関してはこちらのサイトでも詳しく述べられているので参考にしてみてください。
住宅ローンの借り換えについて

保証料がなしになっている銀行であれば、単純に諸費用が安くなるのか?という点についてはきをつけなければいけない点もあるので注意が必要です。

その点についても上記サイトで一度確認してもらえればいいと思います。